とんど

14日、「とんど」を行いました。地区内の若い衆?が毎年午後1時から青竹を持ち寄り、心木を立ててその周りに竹を積み重ね約1時間で完成、午後4時から火をつけて始まります。今年は吹雪の中での開催でしたが、近年になく参加者も多く、恒例の「お汁粉」も大変好評で早々になくなってしまうほどでした。

「とんど」とは小正月の行事で、正月の松飾り・しめ縄・書き初めなどを家々から持ち寄り、一箇所に積み上げて燃やすという、日本全国に伝わるお正月の火祭り行事です。

 

 


コメントを残す